data-vocabulary終了

構造化データのマークアップに関して、今年の1月にGoogleはdata-vocablary.orgによる仕様を廃止すると発表していました。その後、当初廃止を予定していた2020年4月6日の段階で、新型コロナ禍のためGoogleは廃止の延期をしており、2020年6月に判断すると伝えていましたが、このタイミングになってしまいました。そして2021年の1月末日をもってdata-vocablary.orgによるマークアップを廃止すると発表に至ったわけです。

構造化データ

ふわふわ

Googleの発表内容

Googleからの公式ツイートは以下です。

ご注意ください – 2021年1月31日からdata-vocabulary.orgによるマークアップは、Google検索結果に対しての機能付けと拡張の対象ではなくなります。詳しくは https://webmasters.googleblog.com/2020/01/data-vocabulary.html

引用)@googlewmcより和訳

Twitterでは「2021年1月31日から」と記載されていますが、Google検索のデベロッパーガイドには「2021年1月29日から」と記載されていますね。

2021年1月29日以降、data-vocabulary.orgマークアップはGoogleのリッチリザルト機能でサポートされなくなります。2021年1月29日以降もマークアップを機能させるには、data-vocabulary.orgマークアップをschema.orgマークアップに置き換える必要があります。詳細については、data-vocabularyのサポート終了をご覧ください。

引用)Google検索デベロッパーガイド

Schema.orgによる構造化データ一本化に伴い、data-vocabulary.orgのサポートを終了します。ちなみにSchema.orgを使用していれば、引き続きJSON-LDやRDFa、microdataを使っての記述が可能です。

ふわふわ

特筆すべきことは無いけど

運用をまともにおこなっている企業サイトであれば、随分前からSchema.orgで構造化データはマークアップしているはずですし、今さら対応する内容でもないかと思います。今年の1月から発表していましたし、今さら慌てる人もいないと思います。

それにしても構造化データのマークアップはかなり浸透していますよね。最近頻繁に起こっているGoogleのインデックス不具合等を考えても構造化データのマークアップは助けになりますし、リッチリザルトだけでなくGoogleのサイト構造理解への貢献も加速化しているように体感しています。

もう構造化データのマークアップは出来るやつを片っ端からやっておくと良いと思います(もちろん不正無しで)。何かと便利です。


関連記事

Search Console Insightsがリリース

2020年8月にSearch Console Insightsのベータ版がリリースされていました。私はベータ版の対象者になっていたので、当時は詳細を紹介していました。これが米国現地時間2021年6月15日に正式にリリース紹介されましたので、あらためてご紹介します。ここ数日間をかけて徐々にロールアウト ...(続きを読む)

SEOが不要になる

私の個人的な意見です。個人的な意見というのは、確証が無い憶測での記事ということですので、ゆる~い感じでご覧いただければと思います。 SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」の訳ですが、このSEOについて、何か特別なマークアップ以外はもう考えなくて良く ...(続きを読む)

GSCのクエリフィルタリング機能更新

先日、Google Search Console内での検索パフォーマンスで正規表現フィルタが新機能として実装されたことをご紹介しましたが、その後この機能がアップデートされたと米国現地時間6月1日にGoogleは発表しました。発表内容は日本語ですが、ここでもご紹介します。 Googleからの発表内容 ...(続きを読む)

202106コアアップデート

Googleは米国現地時間6月2日にコアアップデートを行うことをツイートしました。前回が米国現地時間2020年12月3日でしたので、約半年後の告知となっています。コアアップデートの度にGoogleは2019年8月のブログ記事を引用して発表していますが、その記事の和訳は私のブログでこちらに記載していま ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。