data-vocabulary終了

構造化データのマークアップに関して、今年の1月にGoogleはdata-vocablary.orgによる仕様を廃止すると発表していました。その後、当初廃止を予定していた2020年4月6日の段階で、新型コロナ禍のためGoogleは廃止の延期をしており、2020年6月に判断すると伝えていましたが、このタイミングになってしまいました。そして2021年の1月末日をもってdata-vocablary.orgによるマークアップを廃止すると発表に至ったわけです。

構造化データ

ふわふわ

Googleの発表内容

Googleからの公式ツイートは以下です。

ご注意ください – 2021年1月31日からdata-vocabulary.orgによるマークアップは、Google検索結果に対しての機能付けと拡張の対象ではなくなります。詳しくは https://webmasters.googleblog.com/2020/01/data-vocabulary.html

引用)@googlewmcより和訳

Twitterでは「2021年1月31日から」と記載されていますが、Google検索のデベロッパーガイドには「2021年1月29日から」と記載されていますね。

2021年1月29日以降、data-vocabulary.orgマークアップはGoogleのリッチリザルト機能でサポートされなくなります。2021年1月29日以降もマークアップを機能させるには、data-vocabulary.orgマークアップをschema.orgマークアップに置き換える必要があります。詳細については、data-vocabularyのサポート終了をご覧ください。

引用)Google検索デベロッパーガイド

Schema.orgによる構造化データ一本化に伴い、data-vocabulary.orgのサポートを終了します。ちなみにSchema.orgを使用していれば、引き続きJSON-LDやRDFa、microdataを使っての記述が可能です。

ふわふわ

特筆すべきことは無いけど

運用をまともにおこなっている企業サイトであれば、随分前からSchema.orgで構造化データはマークアップしているはずですし、今さら対応する内容でもないかと思います。今年の1月から発表していましたし、今さら慌てる人もいないと思います。

それにしても構造化データのマークアップはかなり浸透していますよね。最近頻繁に起こっているGoogleのインデックス不具合等を考えても構造化データのマークアップは助けになりますし、リッチリザルトだけでなくGoogleのサイト構造理解への貢献も加速化しているように体感しています。

もう構造化データのマークアップは出来るやつを片っ端からやっておくと良いと思います(もちろん不正無しで)。何かと便利です。


関連記事

ECに商品固有IDを

ECサイト等で展開する商品について、Googleは商品固有ID(GTINまたはMPN)の属性を構造化データや商品フィードに入れ込むことを推奨する内容を米国現地時間2月26日にSearch Central Blogで発表しました。これによりGoogleからのファインダビリティ(見つけやすさ)や正確な商 ...(続きを読む)

GSCの関連付け機能が拡張

Googleは、Search Consoleに関連付けられるサービスが新しく増えた旨、発表しました。今まではGoogle Analyticsとだけ関連付けられましたが、Google広告やYouTube等が加わる形になっています。ここでは、その発表内容の和訳とともにご紹介します。 Googleからの発 ...(続きを読む)

画像検索結果を多様化

Googleは画像検索結果にも多様性を持たせる動きを加えたと米国現地時間2月11日にツイートしました。画像検索結果に様々な画像を表示することで、ユーザーの選択肢や情報を増やすことを目的としているようです。 TwitterでのGoogle発表内容 まずは以下のツイート内容をご確認ください。 Have ...(続きを読む)

Passage(文節)ランキング始動

昨年10月に告知されたGoogleのPassage Indexingについて、「文節単位でしっかりとインデックスしてランキング」しますというPassage Ranking(パッセージランキング)が米国現地時間2月10日にローンチしたと発表されましたのでご紹介します。 Googleの発表内容 Goog ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。