data-vocabulary終了

構造化データのマークアップに関して、今年の1月にGoogleはdata-vocablary.orgによる仕様を廃止すると発表していました。その後、当初廃止を予定していた2020年4月6日の段階で、新型コロナ禍のためGoogleは廃止の延期をしており、2020年6月に判断すると伝えていましたが、このタイミングになってしまいました。そして2021年の1月末日をもってdata-vocablary.orgによるマークアップを廃止すると発表に至ったわけです。

構造化データ

ふわふわ

Googleの発表内容

Googleからの公式ツイートは以下です。

ご注意ください – 2021年1月31日からdata-vocabulary.orgによるマークアップは、Google検索結果に対しての機能付けと拡張の対象ではなくなります。詳しくは https://webmasters.googleblog.com/2020/01/data-vocabulary.html

引用)@googlewmcより和訳

Twitterでは「2021年1月31日から」と記載されていますが、Google検索のデベロッパーガイドには「2021年1月29日から」と記載されていますね。

2021年1月29日以降、data-vocabulary.orgマークアップはGoogleのリッチリザルト機能でサポートされなくなります。2021年1月29日以降もマークアップを機能させるには、data-vocabulary.orgマークアップをschema.orgマークアップに置き換える必要があります。詳細については、data-vocabularyのサポート終了をご覧ください。

引用)Google検索デベロッパーガイド

Schema.orgによる構造化データ一本化に伴い、data-vocabulary.orgのサポートを終了します。ちなみにSchema.orgを使用していれば、引き続きJSON-LDやRDFa、microdataを使っての記述が可能です。

ふわふわ

特筆すべきことは無いけど

運用をまともにおこなっている企業サイトであれば、随分前からSchema.orgで構造化データはマークアップしているはずですし、今さら対応する内容でもないかと思います。今年の1月から発表していましたし、今さら慌てる人もいないと思います。

それにしても構造化データのマークアップはかなり浸透していますよね。最近頻繁に起こっているGoogleのインデックス不具合等を考えても構造化データのマークアップは助けになりますし、リッチリザルトだけでなくGoogleのサイト構造理解への貢献も加速化しているように体感しています。

もう構造化データのマークアップは出来るやつを片っ端からやっておくと良いと思います(もちろん不正無しで)。何かと便利です。


関連記事

目次の順序はランキングに影響する?

コラム等の記事を読んでいると、どの記事も面白いように「とは」「種類」「メリットデメリット」「使い方」「注意点」の順番で目次設定されていて、その通りのストーリー順序で記事化されています。これは以前にも私は触れています。しかし、この順序はSEO評価(検索順位が上がりやすいこと)に繋がるのでしょうか。私の ...(続きを読む)

検索結果タイトル生成アップデート

Googleは米国現地時間8月24日、Webサイトページを検索結果に表示する際、タイトルを生成する新しいシステムを導入したと発表しました。記事内容を和訳しながらご紹介したいと思います。 検索結果表示のタイトルについて 元々、ずいぶん前からタイトルの書き換えは起こっていました。私も以前記事にしていまし ...(続きを読む)

Googleが検索の仕組みを案内

もう何度も何度も何度もGoogleは案内してきていると思いますが、改めてGoogleは「Google検索の仕組み」ページのデザインをリニューアルして公開しました。合わせてThe Keywordでもその内容を案内していますので、和訳してご紹介します。 Google検索の仕組みについて 新しくGoogl ...(続きを読む)

構造化データテストツールは別モノへ

2020年の7月に構造化データテストツールが廃止予定であることをGoogleは予告していました。要はリッチリザルトテストツールに統合されるという話でした。そして8月9日に構造化データテストツールはSchema.orgのテストツールとして変貌しました。 そもそもどうだったの? もともと、構造化データの ...(続きを読む)

コメントを書く

コメントは承認から反映までしばらく時間がかかる場合がございます。メールアドレスが公開されることはございません。